インフルエンザ

CIMG8972

オークどうぶつ病院 院長 大久保がインフルエンザにかかりました

 

解熱して5日目からの出勤を指示されました

 

ご迷惑をおかけしますが、今週はお休みいたします

 

予約診療されていた方々、申し訳ございませんが来週からよろしくお願いいたします

 

 

きてます

 mr2

 

 

いろんな色のがありますねー

DSC06218  胴が長いのにフィットしてます

 

DSC06747 再登場、小さめの服

 

DSC06605 渋い色

 

 

老犬には服を着せてもいいでしょうが・・・

 

 

 

 

 

From                  Oq

花よ、咲け

植えつけましたよ

CIMG8967 マーガレットに

CIMG8969 芝桜に、

CIMG8970 すみれに、

CIMG8968 マーガレット

 

ほんの一部に植えましたが、根づけーっ

 

 

 

 

苗はここから購入しました

まだ種類が少ないみたいです

CIMG8966

西日本新聞でもおなじみの、Dr.コトーのお店ですyo

 

 

From                                              Oq

重積発作

てんかん様発作の猫ちゃん10歳です

 

薬の影響で眠り続けております

発作が治まって、まずはよし:夜間動物病院に感謝

 

口を見てみますと

DSC06755 ベロに傷、

 

DSC06754 裏ベロに傷、

牙が貫通していましたね

 

 

発作の時は絶対に口を触らぬようにしてください

大怪我します

まずは自分の身を守ることが重要ですから

 

 

 

 

From                  Oq

 

抜毛

舐めすぎで毛が抜けました

DSC06749

皮膚は綺麗ですから、自分で抜いているようです

DSC06750

何か気に入らないことがあったのか?

皮膚には掻き毟った後や発赤はありません

 

精神的なものの可能性があります

投薬ができないとのことですので、フェロモン療法、フェリウェイで要観察です

 

 

 

 

 

From                    Oq

too small

 

・・・・・。

 

折れたらどうするんですか、骨が

 

DSC06747

 

 

実は10年前に左前肢を骨折しまして、プレート手術しました

 

竹ひごのような骨です

 

小さい犬は大変です

 

 From                    Oq

陰部出血

お尻から出血です

 

以前から子宮が大きくなっていたため、定期的にレントゲン検査をしていました、

子宮がんの可能性です

 

先日から初めて出血があり、手術に踏み切りました

DSC06743

 

ウサギは子宮ガンや子宮水腫が多いです

症状は陰部の出血ですが、血が出ないこともあり発見が遅れて手遅れになります

特に♀のウサギは定期健診でレントゲンを撮らねばなりません

 

もちろん、この子宮は病理組織学的検査にまわします

良性か悪性かは、検査せねばわかりません

 

 

DSC06744

 

From                  Oq

 

 

擦過傷

散歩で擦りむいたそうです

 

勝手に行かせず、人が中心で散歩しましょう

 

DSC06732

 

犬は人に付いてくるように、が散歩です

 

 

よく見る風景

犬に引っ張られて人が付いて行ってる、人が引きずられる犬の散歩

 

それは問題行動なのです

 

DSC06733

DSC06734

 

 

 

From                       Oq

 

獣医師雑誌にて

病気の報告です

 

ダニに刺されて病気になった話

シーズーのアトピー性皮膚炎で、2週間ごとのシャンプーをしていたそうです

また、皮膚のためにはノミやダニ予防が重要、

そのため、スポット剤のノミダニ駆除剤と1カ月ごとに垂らしていたそうですが、

ダニに刺されてリケッチア類の病気に感染:ダニの唾液から移る病気です

スポット剤は1カ月間は効果はあるのですが、2週ごとのシャンプーでは少し薄まったのか?効果が出る前に刺されたのか?

 

そんな時には、即効性の飲む薬があります

o0604048013322401526 錠剤で1カ月効果持続か

yjimage ジャーキータイプで1カ月効果持続か

img_62536_2 ジャーキータイプで3カ月効果持続か

 

それぞれ、ノミとダニの予防駆除薬です

体に垂らすより簡単です

 

お気軽にご相談ください

 

 

 

From               Oq

 

 

コーギーの病気

変性性脊髄症という病気について

 

後肢が次第に麻痺をし、起立不能となり、上半身にも麻痺が広がる病気で、

DSC06679

椎間板ヘルニアと症状は似ていますが、MRI検査では異常が見られないなどがあり、生前検査では確定診断は難しい病気

 

最終的には亡くなります

 

 

 

DSC06680

写真のコーギーはMRI検査では異常なく、症状と犬種から変性背脊髄症と診断

投薬などで1年以上元気にしていました

 

 

 

 

遺伝的な病気といわれています

 

From                    Oq