1月22日

1月22日は 院内掲示板等でお知らせしておりました通り

 

午後は両院とも休診となっております

 

明日からは 通常の診察となっております

 

ご迷惑をおかけしますが 何卒よろしくお願い致します

 

 

 

 

76b37c19よろしくお願いします

 

箱罠  ③

ご近所さんから、何か罠にかかったので確認してとのこと

朝6時台から出陣

 

OH~、こっちの罠ね

IMG_1179

 

何かに威嚇されました

暗くて見えぬ

 

IMG_1180

 

野良猫?

 

CIMG9939

 

下半身がハゲています

 

IMG_1182

 

たぬきっ

 

こいつがご近所さんの鶏を食べていたんだねー

 

しかし、このたぬき、

①:削痩

②:下半身の脱毛

③:掻きむしって傷ついている

 

 

 

この条件がそろえば病名は

 

疥癬ダニ症

 

痒くて痒くて、寝られない、ストレスで死亡しているということがよくTVでもみます

 

罠の持ち主を説得しまして、疥癬の治療して山に放すということとなりました

 

ケージの隙間から体にこの薬を垂らす

 

IMG_1184

 

 

これで外部と内部寄生虫(線虫類)を駆除

 

 

かえって捕まって良かったなー、たぬ公

 

 

 

 

ちなみに、罠の中に入れた餌、

この前、お裾わけしましたイノシシの骨とのこと

骨ごと完食していました

 

 

 

From                       Oq

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1181

マイフリーガードもつけます

フィラリア症でなけれなよいが・・・

交配したかも

妊娠したかもしれないという主訴デス

オッパイは張っており、膣が少し濡れている

明らかに妊娠中

初発情でしかも、父親との交配・・・

 

まずがレントゲン検査です

2623_14486_20180115143226.0

2623_14487_20180115143326.0

妊娠しています、1頭だけ

1頭だと栄養が一人占めできるので、大きくなって難産になりやすい

今回はまだ骨盤腔より仔の頭は小さいのでOK

頭の骨はまだ薄いので6日後にレントゲン検査をお勧めしました

 

3日後、突然苦しそうにしているということで緊急来院

膣は変わらず少々濡れている

微熱がある

しかし、仔はまだ骨の形成からして、生む時期ではない

レントゲン検査です

 

2623_14493_20180118105103.0

!!

2623_14494_20180118105149.0

胎児が肩から出かかって産道につまっています

超音波検査では仔の心拍数は微弱

 

緊急に帝王切開です

 

 

 

 

 

 

from                Oq

 

罠師匠から

電話です

篠栗でイノシシ捕まえたから、解体をどうね

 

行きま~す

 

グロい写真注意

 

糸島に到着

おっとー、もうくり抜かれている状態

大きさは20kgくらいの♀

太った柴犬くらいの大きさで、小ぶりです

 

CIMG9932

 

まずは、四肢を取って、剥皮から開始

 

CIMG9933

 

剥皮終了

 

CIMG9934

 

 

そこから解体して細かく肉を取って行きました

ロース、内ロース、モモ、肩肉と

 

肋骨とって、サガリとって、背骨バラして⇒鍋へ

 

肉は罠師匠と分けて、ご近所さんにもおわけしました

 

 

林先生の今でしょ講座で五箇先生が言ってました

冬に凶暴化する動物・・・イノシシ

 

 

 

皆さんご注意ください

 

 

 

 

 

 

From                  Oq

 

 

 

 

 

 

CIMG9935

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1188

自家製猪骨スープ

1kgの骨折犬の避妊

超小型の犬の避妊です

 

小さすぎてスペイフックで子宮が引っかからず

 

そんなこんなで避妊手術はおしまい

 

改めて子宮を見ると

 

 

awesome!!

DSC08388

 

 

子宮は爪楊枝よりも極細

ちなみに丸いのは卵巣です

 

 

更に比べてみました

DSC08389

 

何なんだ~、この小さなスクリュー

 

Φ1mmのスクリュー、手術で入れるのも大変、抜くのも大変

目が寄りそうです、寄りました

 

 

 

体が小さいのはかわいいかもしれませんが、小さすぎるのも考えものです

 

 

 

 

 

 

From                  Oq

 

 

 

 

 

DSC08390

 

 

 

 

このスクリュー、1本3000円~4000円します

そのプレートは、~30000円

それを使って手術する道具は~2000000円

それを使って手術する知識と技術は、priceless

 

 

 

 

 

箱罠 ②

前回から(参照:2017年10月17日ブログ)ちょっと移動

 

なかなか捕まりません

 

IMG_1167

 

米糠やサツマイモを蒔いて待つ

 

7日後確認

周囲の地面がぐちゃぐちゃに

IMG_1168

 

 

入口付近には、

IMG_1170

 

 

Oh~足跡

IMG_1169

 

またいどる、またいどる

 

よし、もう少しかっ

更に蒔こう

IMG_1172

 

待つのみ

 

 

 

 

From                     Oq

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1171

 

 

 

1kgの骨折犬 ③

骨折の手術して、62日目にしてスクリューを抜きます

相変わらずの体重は1.30kg、華奢です

 

一緒に避妊手術をお願いされました

うさぎより小さい犬、1.30kgです

 

抜きました

2597_14473_20180112145256.0

 

本来なら2枚プレート入れた方がよいとされますが、

薄すぎて、細すぎて、無理やり入れるとそこから折れそうでしたので1枚だけ

最上下のスクリューだけは残してこの骨折の治療は完治

再骨折防止のため、プレートは抜かずにこのままでいきます

 

さて、次は避妊手術です

 

 

 

 

 

From                      Oq

 

 

家畜保健所 ②

さて解剖です

(今回はグロい写真注意です)

 

 

簡単に表面を水洗して

 

CIMG9906

 

汚れを落とします

 

CIMG9907

 

そして、解剖台に載せます

 

CIMG9908

 

それぞれの臓器を確認して、はずしていきます

 

CIMG9911

 

心臓と肺は異常なし

 

CIMG9914

 

左右の腎臓、異常なし

 

CIMG9919

 

脾臓、異常なし

 

CIMG9923

 

肝臓、胆嚢異常なし

 

CIMG9916

 

第1胃~第3胃、異常なし

 

CIMG9921

 

第4胃、やや肥厚

 

CIMG9924

 

寄生虫認められず(定期的駆虫はしていましたので)

 

死因の特定はできず

 

最後に、TSEの検査のために延髄採取

 

CIMG9918

 

TSEとは伝染性海綿状脳症(Transmissible Spongiform Encephalopathy)の略で、

めん羊、山羊が感染する可能性があり、

牛と同様異常プリオンが原因と考えられ、牛でいえばBSEのことです

 

最後に各臓器を開いて中身を確認:異常なし

 

CIMG9922

 

水洗してすべて終了

 

CIMG9925

 

3人の獣医師に解剖、検査して頂きました

 

ありがとうございました

 

必ず死因は特定できるとは限らないと言うことも改めて勉強になりました

 

TSEは筑波に送付するので、結果が出るまで数か月待ち

 

今後とも、ヤギまでであれば運べそうなので、お願をしておきました

 

死なないように、飼い主さんにはお願いはしておきますけども

 

 

 

 

 

From                    Oq

 

 

 

 

CIMG9929

 

 

緊急告知 ②

福重にありますペットショップ:Dog Family が閉店するそうです

 

そこで里親募集とのこと

 

無料とはいかないまでも価格はお手頃そうです

 

チワワ、T・プードル、M・ダックスくんがお待ちです

 

興味のある方は下記へどうぞ

 

 

http://www.dogfamily.info/satooya/

営業時間 10:00~19:00
TEL 092-883-1830
店休日 毎週火曜日
※完全予約制の為前日の18:00までのご予約でお願い致します。

 

 

 

 

なお、当院とは系列でもなんでもありません

協力しているだけですのでご了承ください

 

 

 

 

 

 

From                      Oq

 

 

 

 

 

 

08b8dec7-s[1]

これくらい、いそうですよ

 

緊急告知

犬・猫から感染症、死亡 国内初 福岡の60代女性

1/15(月) 7:55配信

産経新聞

 犬や猫などから人間にうつるとされる人獣共通感染症「コリネバクテリウム・ウルセランス感染症」による死者が国内で初めて確認されていたことが14日、厚生労働省への取材で分かった。厚労省は今月、自治体などに向けて通知を出し、情報提供を行った。

コリネバクテリウム・ウルセランス感染症は、家畜やペットの動物が持つ「コリネバクテリウム・ウルセランス菌」に感染することで起きる。のどの痛みやせきなど風邪の症状が出て、重症化すると呼吸困難などで死亡することもある。人から人にうつることはほとんどない。予防接種の効果で日本ではほとんど患者がいない感染症「ジフテリア」に似ており、抗菌薬などで治療が可能だ。

厚労省によると、この感染症で死亡したのは福岡県の60代の女性で、平成28年5月に呼吸困難で救急搬送され、3日後に死亡。血液などから菌が検出された。女性は3匹の猫に屋外で餌をやっていたといい、そこからの感染が疑われている

国立感染症研究所によると、この感染症は国内では13年に初めて感染例が報告され、29年11月末までに、死亡した女性を含め北海道から九州まで25人の感染が報告されている。犬や猫を飼っていたり、接触があったりする患者がほとんどだ。英国など海外でも数十例が報告されており、死者も出ている。

ただ、国内では感染症法に基づく届け出義務がない珍しい感染症のため、見逃されている可能性もある。厚労省は今月、日本医師会、日本獣医師会、自治体に対して情報提供を行い、発生があった場合は厚労省に情報提供するよう通知。国民に対しても、「ペットとの濃厚な接触は避け、体調が悪くなったらすぐに医療機関に行ってほしい」と注意を呼びかけている。

 

 

十分ご注意くださいyo

 

 

From              Oq

 

 

そして勝利しましょう

人は人、犬は犬、猫は猫、鳥は鳥   ダメっ、濃厚接触、口うつし