猫の乳腺腫瘍

猫の乳腺腫瘍は悪性です

できた瞬間から悪性と考えます

 

今回、お腹のシコリが大きくなって、血が出ているとのことでお越しです

 

DSC08371

カサブタになって、しこりを覆っています

そこを剥がすと

DSC08372

膿んでいました

消毒洗浄して周りを見ると

DSC08374

オレンジ色の皮膚病変がありました

おそらく皮膚に転移しているものと考えられます

 

 

 

高齢での乳腺腫瘍は、特に猫では残念な結果がほとんどです

 

発情がこないうちに避妊手術することが一番簡単な予防方法です

 

健康で長生きの秘訣は飼い主さん次第です

 

 

 

 

 

 

 

From                    Oq

 

 

 

 

 

体を掻く

ッと言う主訴の猫ちゃんです

 

普通の猫ちゃんですが、

DSC08361

 

万歳すると、

DSC08362

脱毛と言うより、抜毛

皮膚はとてもきれいなピンク色です

DSC08363

 

あっ、でも掻きむしりの跡が、

DSC08364

ほんの一部に

 

以前の血液検査では、好酸球性皮膚炎でした

その時は掻きむしりの跡がひどかったが、今回はほんの少々

 

精神的な、過剰な舐性皮膚炎の可能性も否めない

 

とりあえず前回同様、好酸球性皮膚炎の治療薬Depo(20mg/head)投与

この薬で必ず痒みなら止まります、100%止まります

止まらないなら、精神的な、過剰な舐性皮膚炎の可能性で、クロミプラミン(抗うつ剤)投与です

 

もしかしたらこの二つの病気の可能性もある

 

ホンに簡単にはいかない猫の脱毛、抜毛です

 

 

 

 

 

 

From                      Oq

 

 

 

 

 

DSC08365

 

 

猫の頬

 

まぁ、ご覧ください

 

DSC08308

 

殴られたんじゃぁーないのです

16歳のエっちゃん、多飲多尿の慢性腎不全です

 

DSC08309

 

口を気にして食事をしないとのこと

 

もちろんこの原因は、歯周病

 

口を開けようとしてみると・・・

 

DSC08310

 

内側からも腫れが見える

 

歯石がどっさりの歯が1本

 

抜きました、抗生剤注射しました

 

上の歯が犬歯以外はありません

下の歯は犬歯含めて4本だけ

 

歯周病なら歯はない方が痛みはありません

 

 

抜歯で元気になれー

 

 

 

 

 

 

From                  Oq

 

 

洗濯ネットは安全

2匹は爪切りで来院

 

DSC08188

 

ほら、暴れない、体重も測定しやすいし

 

何より、お互いが安全でケガせずにすみました

 

猫は洗濯ネットに入れて来院すると落ちつく上に診察も早く済みます

 

 

 

 

 

From                 Oq

 

 

 

 

 

 

 

DSC08189

猫の口が臭い

もちろん歯石、歯周病です

 

8歳、雑種、心雑音(+)

 

術前7日前から抗生剤投与

 

歯の数は少ない、自然と抜けて

 

DSC08138

 

歯茎もグズグズのズブズブ

 

DSC08139

 

歯石除去、抜歯、研磨x2、歯周ポケット処置、ルゴール消毒後

 

DSC08140

 

どうですか

 

DSC08141

 

ピカピカつやつや

歯の裏も表も完璧

 

 

でも、歯を磨かねばすぐに歯石はつきますyo

 

 

 

 

 

 

From                    Oq

 

 

 

その観察

確保

IMG_0848

 

このダニ君

 

体長9mm x 8mm x6mm

 

IMG_0849

 

皮ごと取るのが重要です

 

IMG_0850

 

けっこう動き回ります

毛を取って、ひっくり返して

 

IMG_0851

 

かなり血を吸っています

 

IMG_0853

 

 

草むらに潜んで次の獲物を待つ

その獲物とは、犬、猫、野生動物、ネズミ、そして人

これらの動物に殺人ウイルス:SFTSウィルスを媒介するのがマダニ

 

このウイルスに感染して体調崩す or 死ぬ 前に、家族の動物のダニ予防を毎月しましょう

 

このウイルスに感染して体調崩す or 死ぬ

 

と言うのは人ですyo

 

 

詳細は下記に

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000169522.html

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/sfts_qa.html

https://www.niid.go.jp/niid/ja/from-idsc.html

http://www.niid.go.jp/niid/ja/sfts/3143-sfts.html

 

 

 

 

From                Oq

 

 

 

 

写真は待ち受けにどうぞお使いください

 

毛の玉

 

トゲじゃありません

 

DSC08127

 

毛玉です

 

images (1)

 

連装砲?

 

高齢の猫に多いような気がします

自分で毛繕いが完璧にできなくなってこうなるようです

 

DSC08128

 

柔軟性がなくなって届かないのかな?

 

18歳のミーちゃんデス

 

甲状腺機能亢進症と、慢性腎不全です

 

DSC08129

 

気合い十分なおばあちゃん猫

 

まだまだ頑張れ

 

 

 

 

From               Oq

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

images (4)

またっ?

お尻から糸・・・

憂鬱です

 

DSC06453

べろんちょ

 

糸にしては艶と幅広

 

とりあえず、ゆっくりと丁寧に引っ張ってみる

 

DSC06454

 

にゅるにゅるとでてくる

 

DSC06455

 

回虫や ないか~い

 

 

 

 

 

 

From                    Oq

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダウンロード

 

 

 

 

 

 

まだまだいる

トリミングにお越しです

すると・・・

.

何かが手に当たる

DSC05388

 

!?

 

毛をかき分けて、

DSC05389

ダニがくらいついている、血を吸っているっ

 

ダニ捕りピンセット登場

DSC05390

 

すくって、

DSC05391

 

口を残さず、

DSC05393

 

完璧に取る、完璧に

DSC05394

 

コーヒー豆ではないことは知っている

 

ダニは1匹ではないことも知っている

 

探す
探す

探す

DSC05399

 

 

 

ノミやダニの予防をしないオーナーはご注意ください

自分にも刺されますよ

 

 

かわいがるだけではダメ

室内飼でも予防

自分や家族を守るため

 

 

 

 

 

SFTS:重症熱性血小板減少症症候群

sfts_map_1

 

 

プリント

死にますよ、予防しないと

 

 From               Oq

 

 

 

猫の去勢に

お越しの6か月♂、はる君

いたって元気そう

 

去勢手術前の診察での発見・・・

 

驚愕!

 

 

DSC08043

 

尻から縫い糸・・・

我が目を疑い、各方面から確認

 

DSC08045

 

糸っ

 

DSC08044

 

糸ですよ

 

今は元気あるし、とりあえず去勢手術の麻酔中に引っ張って見ることに

 

DSC08046

 

三味線屋の勇次ばりに、スルスルスル~

 

DSC08048

 

絡まっている様子もなく、

 

DSC08049

 

糸、確保っ

 

 

緊張の一瞬でしたね

 

去勢手術といえど、しっかり身体一般検査の必要性が改めて確認できました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

From                Oq

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC08045

o0300035813270861769

!?