> 手術の準備と縫合糸

HOME
INDEX
BACK
NEXT

縫合回数
 手術後の外観では皮膚だけしか縫合していないように見えますが、実際には最低3層縫合しています。お腹を例に言いますと、1層目(吸収糸)は腹膜や腹筋、2層目(吸収糸)は皮膚の下の組織(皮下織)、3層目(非吸収糸)が皮膚です。このように何層も重ねて縫合し回復を早め、感染から守ります。
2層目の皮下織の縫合
3層目の皮膚縫合


Copyright 2002 Oak Animal Hospital