> 皮膚の病気

HOME
INDEX
BACK
NEXT

膿瘍(のうよう)
 けんかの傷や毛穴からばい菌が入り、皮膚の下に膿がたまる病気のことを膿瘍といいます。傷は皮膚の表面にできますがすぐに治り、その下の組織には空気がないのでばい菌が繁殖しやすくなり、腫れて膿がたまります。この病気になると熱が出て、その部分を痛がり狂暴になります。
猫同士のけんか傷から膿瘍になった


Copyright 2002 Oak Animal Hospital