> ウサギの病気

HOME
INDEX
BACK
NEXT

うさぎの過長歯による膿瘍
 ウサギの歯が根元に伸びすぎて、歯肉や歯髄からばい菌が入り、顎の骨に膿がたまる病気です。この病気になると口が痛くて食欲がなくなり、開口呼吸をすることもあります。そのまま空気を飲み込んで、消化器が空気でふくらみ(鼓張症)死に至ることもあります。ウサギだけでなく、プレーリードッグなどもこの病気になります。
膿瘍で顔が変形している


Copyright 2004 Oak Animal Hospital