> オスの病気

HOME
INDEX
BACK
NEXT

会陰(えいん)ヘルニア
 会陰ヘルニアとは肛門の横の筋肉が裂けて腸や膀胱、前立腺などが皮膚の下に出てくる病気です。肛門周囲腺腫同様、睾丸から出るホルモンの影響で起こるので、去勢手術をしていない老犬がこの病気にかかります。治療は去勢と同時に裂けた筋肉を縫い合わせます。しかし、再発しやすいので若いうちに去勢手術を行い予防を考えましょう。
会陰ヘルニアがおこり肛門がずれている


Copyright 2002 Oak Animal Hospital