> 治療・検査

HOME
INDEX
BACK
NEXT

培養検査と感受性試験
 培養検査とは目ヤニや膿、耳垢などからの細菌を、培地と呼ばれる寒天に発育させることです。また、感受性試験とは培養した細菌に対してどの抗生物質が効いているかを調べる検査です。この検査を実施することで、効いていない抗生物質をむやみに投薬せず、効果的な薬を選択でき、治療期間の短縮につながる利点があります。

  3つの培地

上:細菌が生えていない培地
下:左と右で違う種類の
   細菌が生えている培地
   白いのは抗生物質

GMという抗生物質の周囲には細菌が生えていないので効果があるが、CPの周囲には細菌が生えているので、この薬の効き目は全くない。


Copyright 2003 Oak Animal Hospital