> 皮膚の病気

HOME
INDEX
BACK
NEXT

肢端舐性皮膚炎(したんていせいひふえん)
 この病気は肢の先を繰り返し舐めることをいいます。原因は退屈で一人の時間が多いときに舐め始め、肢に唾液がつきそこが汚れてばい菌が繁殖し、ただれてかゆくなりまた舐めるという悪循環です。ある種の癖ですのでなかなかやめさせることができません。肢を繰り返し舐めると舐めた部分だけが茶色に色がつきます。
茶色いところが繰り返し舐めているところ


Copyright 2004 Oak Animal Hospital