> 神経の病気

HOME
INDEX
BACK
NEXT

犬ジステンパー
 ジステンパーは犬科、イタチ科、アライグマ科の病気で3〜6日間(平均4日間)の潜伏期を経て鼻炎、発熱、重い呼吸器症状、下痢、嘔吐を発現し、一部では脳炎、発作などの神経症状を起こします。この神経症状を起こしたものは致死率が非常に高くなり、たとえ治ってもチックなどの後遺症がでます。また、肉球が硬くなることもあります。この病気は接触が主な感染の原因ですが汚染物、鼻汁、唾液飛沫との接触、吸入でも感染します。予防は母犬の24時間以内の初乳をきちんと飲むこと、その後の予防接種を生後4ヶ月まで計3〜4回することしかありません。
けいれんと低血糖で立てない
泡吹いている


Copyright 2007 Oak Animal Hospital