> ウサギの病気

HOME
INDEX
BACK
NEXT

潰瘍性四肢皮膚炎(飛節びらん)
 うさぎやモルモットがよく罹る病気で、足の裏が潰瘍を起こして皮膚に穴があきます。そこが細菌感染し膿が出て、細菌性関節炎を起こします。予防は床を牧草で柔らかくして足の裏の負担を軽減しましょう。
モルモットの前肢と後肢が膿んで腫れている(左)
うさぎの肢の裏の潰瘍(右)


Copyright 2007 Oak Animal Hospital