> 眼の病気

HOME
INDEX
BACK
NEXT

核(水晶体)硬化症と白内障
 この病気は目が白くなることでわかります。核硬化症は老齢になると水晶体の古い細胞が中心に押しやられ透明度が低くなる病気です。しかし、視力が弱くなりますが盲目になることはありません。白内障には遺伝性、外傷性、感染性、糖尿病性、老化性(核硬化症から白内障へ)などさまざまで、最終的には盲目になります。基礎疾患の治療が大切ですが、白内障手術による治療もありますので眼の病院をご紹介いたします。
老化性
糖尿病性
フェレット核硬化症
モモンガ核硬化症


Copyright 2007 Oak Animal Hospital